臭いの要因になる「すそワキガ」とは?

デリケートゾーンが臭くなる原因の一つに「すそワキガ」が存在します。ちなみにすそワキガの正式名称は「腋臭症」です。(読み方は、えきしゅうしょう)

人間の体には2種類の汗腺があります。それは、エクリン汗腺とアポクリン汗腺。ワキガの要因は、アポクリン汗腺からの発汗です。

 

■ワキガの要因アポクリン汗腺とは

アポクリン汗腺から生じる汗は、アンモニアや尿素、そして脂肪などの成分を含有しています。これらが、皮脂腺から出てくる脂肪酸を混じり合うと、肌の常在菌の分解が生じ、その結果が悪臭という形で表れます。

なお、アポクリン汗腺の集中部位は、デリケートゾーンや、乳輪や脇下などです。また、デリケートゾーンのワキガ症は「外陰部臭症」とも呼びます。

 

■すそワキガは遺伝するものなのか?
本来ワキガは病気とは違い、大半のケースにおいて遺伝で生じる体質的な症状です。両親共にワキガならば、子供に受け継がれる可能性は75%オーバーで、どちらかの親がワキガという場合でも、遺伝する確率は50%にも及びます。

何が遺伝するかというと、主にアポクリン汗腺の数です。アポクリン汗腺が多数ある親の子供は、やはりアポクリン汗腺を多く持っている傾向にあるのです。

引用:デリケートゾーンの臭い

■すそワキガの特徴は?
ワキガの臭いの発生場所はたくさんあります。例えば、脇の下、乳首の周辺、陰部、へそ周り、耳の中などです。しかも、複数の場所から臭うケースがあります。

ですから脇下のワキガを抱えている人は、すそワキガにも悩んでいる可能性が高いのです。さらに、アポクリン汗腺の過剰分泌により「軟耳垢」と呼ばれる、耳の異臭が発生する事もあります。

 

軟耳垢とは、耳の内部の垢が湿り気を帯びている状態を指し、およそ80%がワキガのようです。そしてワキガを抱えている方の、およそ98%が軟耳垢でも苦しんでいます。

ちなみに女性の方が男性よりも、ワキガの方が多いようです。特に生理期間中は、ワキガの臭いが悪化する傾向にあります。

またセックス中はワキガの臭いが増しますが、これは性的興奮が原因で、アポクリン汗腺に刺激が加わるためです。特に女性の場合は、セックスをしてからは、ワキガの臭いが悪化してしまうようです。

 

■すそワキガと食べ物の関係性
ワキガの臭いを強くする食材としては、肉などが挙げられます。肉が含有する脂肪分や、動物性のたんぱく質が原因です。

このような食品が、アポクリン汗腺を活性化するのです。ですから食生活を改めれば、すそワキガが良化する可能性が高いです。