デリケートゾーンにおいの悩みと原因

デリケートゾーンの臭いはかなり強烈な場合があり、そうなると香料つきのショーツや消臭スプレーなどでは誤魔化せません。

混んでいる電車やバスに乗るのも気が引けますから外出が億劫になるでしょう。なかには体臭を抑えるサプリを飲む人もいるようですが、それも効果がありません。

デリケートゾーンの臭いの悩みはなかなか人には相談できず、悩んでいる女性が多いのが現実のようです。

 

■デリケートゾーンのにおいの元凶は雑菌
デリケートゾーンがにおうのはそこに雑菌が繁殖しているからです。雑菌は空気中にたくさん浮遊していますから身体にも付着しますし、衣服を通して身体に付着します。

雑菌のエサはたんぱく質で、デリケートゾーンの粘膜にはたんぱく質があるので、雑菌が繁殖しやすい条件があります。さらに拭き漏れたわずかな量の尿や汗、生理の際の血も雑菌のエサになります。

 

■デリケートゾーンには汗腺が密集している
「アポクリン線」という汗腺がデリケートゾーンに密集していて、この汗腺はアンモニアの臭いを出します。

汗もアンモニア臭を出しますからダブルに悪い条件があるのです。さらにショーツで覆われているデリケートゾーンはどうしても通気性が悪くなるので、蒸れやすくなります。

蒸れやすいのは高温多湿の状態で、この状態は雑菌が繁殖する好条件の環境になります。

 

ここまで簡単にまとめると、デリケートゾーンのにおいの直接的な原因は雑菌が理由で、雑菌が繁殖しやすい環境が臭いの根源となります。

その他の理由としては、以下のような病気も考えられます。

■さまざまな婦人病もにおいの原因
デリケートゾーンに関する婦人病には「細菌性膣炎」や「膣トリコモナス症」さらには「膣カンジダ症」があり、いずれにも共通している症状は、おりものが多いということです。

強い痒みがある点も共通していますが、膣カンジダ症」の場合は嫌なにおいはありません。

 

■婦人病の疑いがある時は婦人科で診察を受ける
デリケートゾーンが匂う、痒みが激しい、おりものが多いという時は、自己判断は禁物で、必ず婦人科で診察を受けましょう。

その際に注意しなければならないのは、診察前にデリケートゾーンが匂う状態であることです。診察が恥ずかしいからと、きれいに洗ったりすると医師は的確な診察ができなくなります。

したがって、デリケートゾーンがにおう、痒い、おりものがあるなどの状態で医師の診察を受けなければなりません。そうすれば医師は的確な診断ができます。