セルフケアで行う理想のアンダーヘアの処理

欧米諸国とは違い、国内では今まで陰毛の処理はそこまで盛んではありませんでした。しかし、近年では国内の女性にも陰毛の処理がかなり浸透してきています。現に、20代の国内の女性の約70%の女性が、手段はどうあれ陰毛をケアしているようです。ただ、適切に陰毛をケアするのは意外と困難です。

■安全に適切な方法で行うのが大前提です
女性にとって陰毛の問題は重要です。もちろん、陰毛のケアもそこに入る事になります。それだけに、陰毛のケアに対する希望が、最初から少し飛躍している方(特に若年層)が多いような気もします。「見栄えを良くしたい」ですとか「はみ出ないようにしたい」などでしょうか。

しかしその辺りの事を気にする前に、まずは「適切な方法」を覚える必要があります。そうしなければ、なにかと危険なのです。

◇皮膚へのダメージを抑えましょう
適切な陰毛の処理方法というのは、ズバリ「皮膚にダメージを与えない安全な方法」です。陰毛が「表面的に」きちんと処理できたとしても皮膚が傷ついては、台無しなのです。

また「処理中」に安全を確保するのはもちろんですが、処理前の時点で行っておかなければならない事もいくつかあります。

◇陰毛の自己処理の前に皮膚をケアしましょう
いきなり皮膚にハサミや剃刀を当てると、負荷が大きくなる可能性が高いです。まずは、陰毛の生えている部位とその周りの皮膚を、温タオルなどで温めて、皮膚を柔らかくしておくことが大切です。これが「適切な自己処理のファーストステップ」なのだと捉えて下さい。

また、剃刀を用いる場合は、事前に必ずシェービングクリームを使ってください。そして軽く当てて、同じ場所を何回も剃らないようにしましょう。

男性の髭剃りの場合は毛の流れに逆らって剃った方が剃りやすいですが、陰毛の処理の場合は、それでは負担が大きいので、毛の流れに合わせて剃りましょう。

さらに日焼けなどをしている皮膚は敏感ですから、毛の処理は避ける等の配慮も必要です。股間は位置的に日焼けしにくいでしょうが、身体のあらゆる部分の皮膚に関して同じことが言えます。

■VIOラインを考えて処理しましょう
「陰毛の処理」は、大まかにV・I・Oの3つのラインの処理に分かれます。それぞれについて考えていきましょう。

◇Vライン
俗に言う「ビキニライン」の事です。パンツ類や水着等から陰毛がはみ出ないようにケアする事が重要です。

I・Oラインと比較して、自己処理がしやすい場所なので挑戦してみても良いかもしれませんね。「Vだけセルフケア、I・Oはプロに任せる」というのも1つの手です。

◇Iライン
あそこの周り全域の事です。まさに「デリケートゾーンそのもの」という事になるでしょうか。その分、絶対にミスを避けなければならないラインであると言えます。心配な場合は、必ずプロに任せましょう。

やや過激な下着を履きたい場合や、生理の際のジメジメ感を防ぐためには、ぜひ処理しておきたい部分です。

◇Oライン
肛門の周りの事です。衛生面を考慮すれば、ぜひケアしたい場所ですが、自分では見えにくいため最も難度の高いラインです。それでもセルフケアを行うならば、とにかく安全性を最優先して下さい。

参考情報:まんこの臭い対策