デリケートゾーンにおいの悩みと原因

デリケートゾーンの臭いはかなり強烈な場合があり、そうなると香料つきのショーツや消臭スプレーなどでは誤魔化せません。

混んでいる電車やバスに乗るのも気が引けますから外出が億劫になるでしょう。なかには体臭を抑えるサプリを飲む人もいるようですが、それも効果がありません。

デリケートゾーンの臭いの悩みはなかなか人には相談できず、悩んでいる女性が多いのが現実のようです。

 

■デリケートゾーンのにおいの元凶は雑菌
デリケートゾーンがにおうのはそこに雑菌が繁殖しているからです。雑菌は空気中にたくさん浮遊していますから身体にも付着しますし、衣服を通して身体に付着します。

雑菌のエサはたんぱく質で、デリケートゾーンの粘膜にはたんぱく質があるので、雑菌が繁殖しやすい条件があります。さらに拭き漏れたわずかな量の尿や汗、生理の際の血も雑菌のエサになります。

 

■デリケートゾーンには汗腺が密集している
「アポクリン線」という汗腺がデリケートゾーンに密集していて、この汗腺はアンモニアの臭いを出します。

汗もアンモニア臭を出しますからダブルに悪い条件があるのです。さらにショーツで覆われているデリケートゾーンはどうしても通気性が悪くなるので、蒸れやすくなります。

蒸れやすいのは高温多湿の状態で、この状態は雑菌が繁殖する好条件の環境になります。

 

ここまで簡単にまとめると、デリケートゾーンのにおいの直接的な原因は雑菌が理由で、雑菌が繁殖しやすい環境が臭いの根源となります。

その他の理由としては、以下のような病気も考えられます。

■さまざまな婦人病もにおいの原因
デリケートゾーンに関する婦人病には「細菌性膣炎」や「膣トリコモナス症」さらには「膣カンジダ症」があり、いずれにも共通している症状は、おりものが多いということです。

強い痒みがある点も共通していますが、膣カンジダ症」の場合は嫌なにおいはありません。

 

■婦人病の疑いがある時は婦人科で診察を受ける
デリケートゾーンが匂う、痒みが激しい、おりものが多いという時は、自己判断は禁物で、必ず婦人科で診察を受けましょう。

その際に注意しなければならないのは、診察前にデリケートゾーンが匂う状態であることです。診察が恥ずかしいからと、きれいに洗ったりすると医師は的確な診察ができなくなります。

したがって、デリケートゾーンがにおう、痒い、おりものがあるなどの状態で医師の診察を受けなければなりません。そうすれば医師は的確な診断ができます。

石鹸やビデなどでの洗い過ぎがNGの理由

デリケートゾーンのにおいが気になる人は、まずはシャワーや入浴の際に石鹸を使って洗うことを考えます。次に考えられるのはビデを使うことで、それもトイレのウォシュレットと携帯用ビデを使うでしょう。

このこと自体はもちろん必要なことではありますが、問題はその使い方です。ポイントは念を入れすぎることにあり、つまり念を入れすぎて、かえって悪い結果を招くのです。

雑菌がデリケートゾーンのにおいの原因ですが、石鹸やビデで洗いすぎると、身体に必要な善玉菌までが洗い流されてしまうのです。

そうなると逆効果でおりものの量が増えてにおいが強くなります。さらに乾燥し過ぎると夜の営みで痛みを感じることにつながります。

 

■デリケートゾーンにいる善玉菌は必要
デリケートゾーンには「「デーデルライン棹菌」という善玉菌がます。この菌はデリケートゾーンを酸性に保つことで、外から侵入する悪玉菌である雑菌の繁殖による感染を防ぎます。

したがってデリケートゾーンを石鹸やビデできれいにし過ぎると、この善玉菌までが洗い流されてしまい、外からの雑菌の侵入と繁殖を防ぐ機能が失われてしまします。

その結果炎症が起きやすくなり、おりものが増加して悪臭が強くなってしまうのです。

 

■石鹸やビデの使い過ぎはNG
以上でお分かりのように、デリケートゾーンはきれいにしなければならず、そうかと言ってきれいにする方法を間違えると、却ってよくない結果になるのです。

デリケートゾーンに善玉菌がいなくなり雑菌が侵入すると、時には炎症を起こします。炎症が骨盤にまで広がるとおりものが増えます。

この状態になると最悪ですから、婦人科でおりもの検査をすることが必要です。おりものは悪臭を伴いますが、その悪臭は生魚の臭いと似ています。ここまで進行すると婦人病の疑いがでてきます。

正しいデリケートゾーンのにおい対策

医薬品の技術もかなり向上してきており、デリケートゾーンのにおい対策も、今では自宅でケアすることができます。

デリケートゾーンのにおいの多くの原因は汗と蒸れ、あるいは悪い環境で雑菌が繁殖するからです。したがってデリケートゾーンの臭い対策は、雑菌が繁殖しにくい清潔な環境を保つことです。

■デリケートゾーンの正しいにおい対策
デリケートゾーンのにおい対策は、きれいにする際に石鹸を使わないで、ぬるま湯で優しく洗うことです。大体の汚れや汗はシャワーで軽く洗えば取り除くことができます。

その際にデリケートゾーンはぬるま湯で指の腹を使って優しく洗うようにしましょう。ぬるま湯は考えている以上の洗浄能力があるのです。

どうしても石鹸を使いたいのなら、刺激性がない石鹸を泡立てて、泡で洗うようにします。つまり石鹸そのものを直接デリケートゾーンに使わないことがポイントです。

市販の石鹸やボディソープには「界面活性剤」が含まれているのが通例で、粘膜には刺激が強すぎるので炎症を引き起こす原因になることがあります。

また粘膜は敏感ですから擦り過ぎると色素沈着で黒済みの原因になります。ちなみにデリケートゾーン専用の石鹸のほかにジェルがありますから、ジェルを使う方法もおすすめです。

そしてビデの使い過ぎはよくないことを付け加えておきます。

 

■デリケートゾーンにおい対策は衣類にも注意
そのほかには生理用品と下着は清潔にしておくことと、ショーツは通気性が良いものを着用するようにします。そのためには綿素材がいいでしょう。

さらにジーンズやストッキングも汗と蒸れを誘発しますから、注意が必要です。

臭いの要因になる「すそワキガ」とは?

デリケートゾーンが臭くなる原因の一つに「すそワキガ」が存在します。ちなみにすそワキガの正式名称は「腋臭症」です。(読み方は、えきしゅうしょう)

人間の体には2種類の汗腺があります。それは、エクリン汗腺とアポクリン汗腺。ワキガの要因は、アポクリン汗腺からの発汗です。

 

■ワキガの要因アポクリン汗腺とは

アポクリン汗腺から生じる汗は、アンモニアや尿素、そして脂肪などの成分を含有しています。これらが、皮脂腺から出てくる脂肪酸を混じり合うと、肌の常在菌の分解が生じ、その結果が悪臭という形で表れます。

なお、アポクリン汗腺の集中部位は、デリケートゾーンや、乳輪や脇下などです。また、デリケートゾーンのワキガ症は「外陰部臭症」とも呼びます。

 

■すそワキガは遺伝するものなのか?
本来ワキガは病気とは違い、大半のケースにおいて遺伝で生じる体質的な症状です。両親共にワキガならば、子供に受け継がれる可能性は75%オーバーで、どちらかの親がワキガという場合でも、遺伝する確率は50%にも及びます。

何が遺伝するかというと、主にアポクリン汗腺の数です。アポクリン汗腺が多数ある親の子供は、やはりアポクリン汗腺を多く持っている傾向にあるのです。

引用:デリケートゾーンの臭い

■すそワキガの特徴は?
ワキガの臭いの発生場所はたくさんあります。例えば、脇の下、乳首の周辺、陰部、へそ周り、耳の中などです。しかも、複数の場所から臭うケースがあります。

ですから脇下のワキガを抱えている人は、すそワキガにも悩んでいる可能性が高いのです。さらに、アポクリン汗腺の過剰分泌により「軟耳垢」と呼ばれる、耳の異臭が発生する事もあります。

 

軟耳垢とは、耳の内部の垢が湿り気を帯びている状態を指し、およそ80%がワキガのようです。そしてワキガを抱えている方の、およそ98%が軟耳垢でも苦しんでいます。

ちなみに女性の方が男性よりも、ワキガの方が多いようです。特に生理期間中は、ワキガの臭いが悪化する傾向にあります。

またセックス中はワキガの臭いが増しますが、これは性的興奮が原因で、アポクリン汗腺に刺激が加わるためです。特に女性の場合は、セックスをしてからは、ワキガの臭いが悪化してしまうようです。

 

■すそワキガと食べ物の関係性
ワキガの臭いを強くする食材としては、肉などが挙げられます。肉が含有する脂肪分や、動物性のたんぱく質が原因です。

このような食品が、アポクリン汗腺を活性化するのです。ですから食生活を改めれば、すそワキガが良化する可能性が高いです。

すそワキガのセルフチェック法

すそワキガの要因を把握していて、臭いが気掛かりなときは、それがすそワキガなのか否かを、自分で判断する手段があります。

■ショーツに黄色い汗ジミがある
すそワキガを引き起こすアポクリン汗腺から出る汗は、少し黄色がかっています。ですから、ショーツに黄色っぽい汗ジミが付着しているならば、すそワキガを大いに疑うべきです。

それ以外の衣類にも、黄色がかった汗ジミが付着しているならば、ワキガとすそワキガの両方に、かかっている可能性があります。

この結果からイコールで「発汗しやすい体質である」という結論も導けます。ですから多汗症の方には、ワキガ体質の恐れもあります。

 

■パートナーに臭いがあると告げられた場合
デリケートゾーンの臭いをパートナーに指摘されたら、大半の人はびっくりするでしょう。体臭というものは、意外と自覚できないものだからです。他の人に臭いを指摘されたら、すそワキガを疑った方が良いかもしれません。

さらに、おりものや生理の臭いが混じり合っている場合もあるので、ショーツの臭いを自分でチェックしてみましょう。もし強烈な悪臭を感じたならば「婦人科に診てもらうべき疾患」という恐れがあるので、医療機関に出向きましょう。

 

■耳垢に湿り気がある場合
耳の内部もアポクリン汗腺が集中している箇所であり、汗の過剰分泌を起こすと、軟耳垢と呼ばれる病気を、引き起こします。

軟耳垢の方の約8割がワキガであり、加えてワキガ傾向の方のおよそ98%が、軟耳垢に陥ると考えられています。

 

■両親・親族にワキガの人がいるケースでは
アポクリン汗腺は、その数が遺伝します。ゆえに、ワキガも遺伝しやすいものなのです。片方の親がワキガならば約2分の1、両方ともワキガならば、約4分の3の確率でワキガが遺伝してしまうと言われています。

 

■乳首からも臭いが生じている場合では
乳首周辺にもアポクリン汗腺が集まっているので、ワキガの臭いが乳首からも生じていれば、すそワキガの可能性が上がります。

 

■デリケートゾーンの毛が濃いケース
すそワキガか否か判別するには、デリケートゾーンの毛の濃さ、それから量が要点になります。陰毛が濃くて太いと、アポクリン汗腺が多数あると推測でき、すそワキガである確率も上昇します。

これらの自己チェックで、該当項目が多いほど、すそワキガである確率も上がります。ただこれは、あくまで一般人向けのセルフチェックなので、正確に調査するには、専門医に診てもらう必要があります。

セルフケアで行う理想のアンダーヘアの処理

欧米諸国とは違い、国内では今まで陰毛の処理はそこまで盛んではありませんでした。しかし、近年では国内の女性にも陰毛の処理がかなり浸透してきています。現に、20代の国内の女性の約70%の女性が、手段はどうあれ陰毛をケアしているようです。ただ、適切に陰毛をケアするのは意外と困難です。

■安全に適切な方法で行うのが大前提です
女性にとって陰毛の問題は重要です。もちろん、陰毛のケアもそこに入る事になります。それだけに、陰毛のケアに対する希望が、最初から少し飛躍している方(特に若年層)が多いような気もします。「見栄えを良くしたい」ですとか「はみ出ないようにしたい」などでしょうか。

しかしその辺りの事を気にする前に、まずは「適切な方法」を覚える必要があります。そうしなければ、なにかと危険なのです。

◇皮膚へのダメージを抑えましょう
適切な陰毛の処理方法というのは、ズバリ「皮膚にダメージを与えない安全な方法」です。陰毛が「表面的に」きちんと処理できたとしても皮膚が傷ついては、台無しなのです。

また「処理中」に安全を確保するのはもちろんですが、処理前の時点で行っておかなければならない事もいくつかあります。

◇陰毛の自己処理の前に皮膚をケアしましょう
いきなり皮膚にハサミや剃刀を当てると、負荷が大きくなる可能性が高いです。まずは、陰毛の生えている部位とその周りの皮膚を、温タオルなどで温めて、皮膚を柔らかくしておくことが大切です。これが「適切な自己処理のファーストステップ」なのだと捉えて下さい。

また、剃刀を用いる場合は、事前に必ずシェービングクリームを使ってください。そして軽く当てて、同じ場所を何回も剃らないようにしましょう。

男性の髭剃りの場合は毛の流れに逆らって剃った方が剃りやすいですが、陰毛の処理の場合は、それでは負担が大きいので、毛の流れに合わせて剃りましょう。

さらに日焼けなどをしている皮膚は敏感ですから、毛の処理は避ける等の配慮も必要です。股間は位置的に日焼けしにくいでしょうが、身体のあらゆる部分の皮膚に関して同じことが言えます。

■VIOラインを考えて処理しましょう
「陰毛の処理」は、大まかにV・I・Oの3つのラインの処理に分かれます。それぞれについて考えていきましょう。

◇Vライン
俗に言う「ビキニライン」の事です。パンツ類や水着等から陰毛がはみ出ないようにケアする事が重要です。

I・Oラインと比較して、自己処理がしやすい場所なので挑戦してみても良いかもしれませんね。「Vだけセルフケア、I・Oはプロに任せる」というのも1つの手です。

◇Iライン
あそこの周り全域の事です。まさに「デリケートゾーンそのもの」という事になるでしょうか。その分、絶対にミスを避けなければならないラインであると言えます。心配な場合は、必ずプロに任せましょう。

やや過激な下着を履きたい場合や、生理の際のジメジメ感を防ぐためには、ぜひ処理しておきたい部分です。

◇Oライン
肛門の周りの事です。衛生面を考慮すれば、ぜひケアしたい場所ですが、自分では見えにくいため最も難度の高いラインです。それでもセルフケアを行うならば、とにかく安全性を最優先して下さい。

参考情報:まんこの臭い対策